スポンサーリンク
三国志

『三国志』の感動を動画で味わうなら映画『レッドクリフ』!

映画『レッドクリフ』は、「中国映画史上、過去最高額の投資」と言われ、トニー・レオンや金城武などの名優をキャストに迎え、その壮大な戦闘シーンは『三国志』の映像作品の中では群を抜いています。この記事では、『三国志』の魅力に触れるには最も欠かすことが出来ない『レッドクリフ』の魅力を解説します。
三国志

【1日5分】あらすじ三国志48「曹操の葬儀」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 曹操、大火を背負う 呂布りょふに連敗を喫きっし、命からがら陣営に戻っていた曹操そうそうのもとに、ある日濮陽ぼくようの有力者田氏でんしの密書が届いた。 密書にはこうあった。 今夜未明、濮陽の城内を撹乱かくらんして城門を開くので、「義」の白旗が挙がり次第、城内に入って濮陽を奪還してください。 夜になって、曹操は濮陽の城が見える山林に隠れ、西門の城郭に「義」の大旗が現れるのを今か今かと待った。 田氏は城内工作に手こずっているように思われたが、宵が深まった頃、ついにその旗は揺らめいた。...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志47「呂布、兗州を奪う」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 呂布、兗州を奪う 曹操そうそうは徐州じょしゅう城攻略を途中で断念し、兗州えんしゅうに帰還する馬上にあった。 徐州城攻略の最中、呂布りょふが曹操の拠点である兗州を攻めたからであった。 空あき巣すのような真似まねをしおって。 しかし、このような芸当は呂布にはできないはずだが・・・ 曹操が言うと、側に控えていた荀彧じゅんいくが言いました。 呂布には、誰か知謀に長たけた者が同伴しているのかもしれません。 ご油断召されぬように。 兗州は全...
スポンサーリンク
三国志

【1日5分】あらすじ三国志46「劉備、徐州を譲られる」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 劉備、徐州を譲られる 徐州じょしゅうの太守陶謙とうけんの臣下張闓ちょうがいに父を惨殺ざんさつされた曹操そうそうは、50万の大軍勢で徐州を攻めた。 しかし、劉備が陶謙の援軍に駆けつけたことで形勢が逆転し、曹操は撤退を余儀なくされた。 陶謙は劉備を徐州城に迎え入れ、再拝さいはいして感謝を述べた。 貴公が駆けつけてくださらねば、今頃は徐州の市中に我らの首が並べられていたことであろう。 玄徳げんとく(=劉備の字あざな。)殿はこの徐州を大難から救ってくださった。 重ね重ね礼を申...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志45「曹操、徐州を攻める」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 曹操、慟哭する 徐州じょしゅう太守陶謙とうけんの家臣張闓ちょうがいに父を殺害された曹操そうそうは、人目も憚はばかることなく泣き叫んだ。 1日が経ち、2日が経ち、それでも曹操は慟哭どうこくをやめなかった。 そのうち、「おのれ、陶謙め。許さん!」という言葉を発し始めた。 参謀の荀彧じゅんいくはぴんときた。 ご主君は恨みの矛先ほこさきを張闓から陶謙にすり替えようとしておられる。 ここまで慟哭をお続けになるのは、大義名分を得んがため。 徐州を取るおつもりだ。 ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志44「曹操、父を殺される」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 曹操、士を募る 李傕りかくら董卓とうたくの旧臣が朝廷を牛耳ぎゅうじっていた頃、反董卓連合をいち早く脱退した曹操そうそうは兗州えんしゅうにいた。 この地で富国強兵に努め、優秀な人材を広く募っていた。 董卓を暗殺しようとしたことや、反董卓連合では参謀を務めていたことなどは広く天下に知れ渡っていたので、漢に対する忠義の士として、曹操のもとに参ずる名士や賢人は後を絶たなかった。 折しも、打ち続く戦乱によって、一度は制圧された黄巾賊こうきんぞくが、またあちらこちらで蜂起ほうきし始めた。 ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志43「王允の死」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 王允の死 西涼せいりょう(=涼州りょうしゅう。)から進撃してきた董卓とうたくの旧臣李傕りかくら四将軍は長安城を陥落かんらくさせ、天子てんし(=皇帝。)がおられる皇宮の前まで詰め寄っていた。 陛下、呂布りょふの討伐軍も四散し、御林軍ぎょりんぐん(=天子を警護する軍隊。)も壊滅いたしました。 この上は、誠に恐れ多いことではございますが、陛下自ら反乱軍を戒いましめあそばすのが最上かと思われます。 侍中じちゅうがそう奏上そうじょうすると、「是非ぜひに及ばず」と献帝けんていは宣平門せんへいもん...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志42「李傕・郭汜の反撃」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 怒れる董卓の四将軍 西涼せいりょう(=涼州りょうしゅう。)に逃亡していた李傕りかく・郭汜かくしら董卓の旧臣から、朝廷に恩赦おんしゃを求める声明が届いた。 朝廷に復職していた陳宮ちんきゅうは、次のように王允おういんに進言した。 李傕や郭汜は董卓とうたく恩顧の寵臣ちょうしん。 そのため、董卓を殺害した朝廷に対する遺恨は根深い。 一度攻めてくれば、この長安も安泰ではいられないでしょう。 それに、西涼の兵馬は10万を下りません。 ここは赦を認め、朝廷に帰属させるのが良策...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志41「貂蟬の決断」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 王允、董卓の残党を討つ ついに董卓とうたくは取り除かれた。 長安は歓喜に包まれ、万歳はいつまでも鳴り止むことがなかった。 董卓の首と胴体は市中に晒さらされ、董卓憎しと人々はこぞって董卓の亡骸なきがらを辱はずかしめた。 董卓亡き後、その殺害に主導的な立場を取っていた司徒(=三公の一つ。行政を司る長官。)王允おういんが政まつりごとの采配さいはいを振るった。 王允は、まず董卓を支えた家臣たちの誅殺ちゅうさつ(=罪を責めて殺すこと。)に乗り出した。 長安の郊外にあ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志40「董卓の死」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 董卓、帝位簒奪を目論む 郿塢びう(=董卓の御殿。)の庭園である鳳儀亭ほうぎていで、呂布りょふは貂蟬ちょうせんと再会しますが、またしても董卓に見つかり、慌てて逃亡します。 参謀李儒りじゅの説得によって、一度は呂布に貂蟬を嫁とつがせる決断をした董卓でしたが、貂蟬の命がけの懇願によって、董卓は貂蟬を終生手放しはしないと固く決心するのでした。 翌日、朝議に先立ち、王允おういんを筆頭にして公卿大臣こうけいだいじんが一同に集まり、董卓の前に恭うやうやしく跪ひざまずきました。 王允が董卓に申し述べ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志39「呂布、鳳儀亭にて貂蟬に会う」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 呂布、鳳儀亭にて貂蟬に会う 献帝けんていに入内じゅだいするものだと思っていた想い人の貂蟬ちょうせんが、事もあろうに義理の父である董卓とうたくの側女そばめにされていたことに、呂布りょふは憤慨ふんがいします。 そして、呂布は董卓の御殿ごてんである郿塢びうに赴きますが、董卓に一喝され、恐れ慄おののいて郿塢から逃亡するのでした。 それからと言うもの、呂布には覇気がありませんでした。 董卓に唆そそのかされ、董卓に汚された貂蟬が哀れでならなかったのです。 どうにかして貂蟬を救い...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志38「貂蟬の輿入れ」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 貂蟬の輿入れ 一度は貂蟬ちょうせんを娶めとることが決まっていた呂布でしたが、董卓とうたくが貂蟬を献帝けんていのもとに貴妃きひ(=皇帝の妃きさきの称号。)として入内じゅだいさせることが決まり、呂布は悲嘆に暮れるのでした。 呂布は、貂蟬と来世での結びつきを祈願して別れた翌日、董卓のもとに出向き、貂蟬に対する自分の恋情れんじょうを伝えるのでした。 しかしなあ、奉先ほうせん(=呂布の字あざな。)よ、貂蟬の入内はもう決まったことなのだ。 詔みことのりは発せられ、輿入こしいれは明日と決まっておる。 ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志37「呂布と貂蟬の誓い」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 王允、董卓を自邸に招く 王允おういんは、まず呂布りょふを貂蟬ちょうせんに会わせて、呂布の恋の炎を燃え立たせることに成功しました。 これで連環れんかんの計の半分は成った。 あとは、董卓とうたくに貂蟬を会わせるだけだ。 貂蟬を見れば、強欲の董卓は必ずや貂蟬を自分のものにしたいと考えるはずだ。 呂布と董卓が相あい争う日も近い。 朝議の間中、王允はそのことばかり考えていました。 朝議が終わって献帝けんていがご退廷なさり、文武百官が万楽宮まんらくきゅうを退くと、王允は...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志36「王允、貂蟬に跪く」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 王允、貂蟬に跪く 謀反むほんの疑いで殺害された司空しくう(=政策立案を司る長官。)張温ちょうおんの仲間を捕縛するために王允おういんの邸宅を訪れた呂布りょふは、王允の娘貂蟬ちょうせんの美貌びぼうに我を忘れてしまうのでした。 そして、その光景を目撃した王允は、董卓とうたくを倒すための、ある秘策を思いつくのでした。 その夜、王允は貂蟬を呼び出すなり、突然跪ひざまずくのでした。 父上、なりません。 何故なにゆえ私などにこのようなお姿をなさるのですか? 娘などに跪いてはなりませ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志35「董卓、血の杯を与える」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 董卓、血の杯を与える 孫堅そんけんが劉表によって殺害された頃、新都長安(=現在の陝西せんせい省西安せいあん市。司隷しれい(司州ししゅう)。記事下の地図参照。)では董卓とうたくの専横がいよいよ苛烈かれつを極めるものになっていました。 高希希監督『Three Kingdoms』の董卓 董卓は自分の弟の董旻とうびんに御林軍ぎょりんぐん(=天子てんし(=皇帝。)を警護する軍隊。)を指揮させ、甥の董璜とうこうを侍中じちゅう(=王宮を管理する役人。)に任命して天子の側に仕えさせました。 これによ...
三国志

【1日5分】あらすじ三国志34「孫堅の死」|大泉洋主演『新解釈・三國志』応援企画!

【1日5分】あらすじ三国志「一覧」はこちらから! 将星堕ちる 襄陽じょうよう(=現在の湖南こなん省。荊州けいしゅう北部。記事下の地図参照。)攻略のために、なるべく兵を温存しておきたいと考えた孫堅そんけんは、敵の要塞ようさいに七日七晩空船からぶねを侵入させるという奇計を用いて、黄祖こうその軍を破りました。 劉表りゅうひょうは敗戦の報に焦あせりを募らせ、早速軍議を開きました。 高希希監督『Three Kingdoms』の劉表 劉表の参謀蒯良かいりょうは、すぐに冀州きしゅう(=現在の河北かほく省を中心とする地域。袁紹と劉表は誼よしみがあっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました