大学推薦入試④~調査書の内容・評定平均値

大学入試お役立ち情報

【2021年度入試対応】最新の大学推薦入試に関してはこちらをクリック!

大学入試お役立ち情報
長年の間、受験指導・進路指導に携わってきた経験から、ここだけの、取っておきの、実践的な入試攻略法をご紹介しています。
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!

本日は、推薦入試攻略法の第4回目です。

(時間がない方は、「AO入試・推薦入試合格のためにすべきこと①〜「調査書」の内容を充実させる!part1評定平均値」までスクロールしてください。)

 

前回は、推薦入試には様々な種類(←クリック) があることをご紹介しました。

そして、厳しさを増す一方の一般入試ですが、この推薦入試を効果的に利用すれば、合格する可能性は2倍になるのだということをお伝えしました。

 

文科省の「平成30年度国公私立大学・短期大学入学者選抜実施状況の概要」(←クリック) によれば、

 

AO入試による合格者(全合格者に占める割合)

平成28年度・・・8.9%

平成30年度・・・9.7%(0.8%↑)

 

公募(制)推薦入試(指定校推薦含む)による合格者(全合格者に占める割合)

平成28年度・・・34.8%

平成30年度・・・35.5%(0.7%↑)

 

というように、AO入試・推薦入試による合格者は増加していることが分かります。

この両者を合わせれば、約半数の大学生が推薦入試を経て大学合格を勝ち取っているのです

 

つまり、推薦入試は一般入試に匹敵するほどの定員枠を有していて、この枠は年々増加しているわけですので、効果的に利用することこそが合格の決め手となるのです。

裏を返せば、一般入試の合格枠は年々減少傾向にあるので、必然的に難易度が高くなってきているのです。

 

スポンサーリンク

AO入試・推薦入試合格のためにすべきこと①〜「調査書」の内容を充実させる!part1評定平均値

調査書とは

前回もお伝えしましたが、推薦入試に合格するためには、

 

「調査書」(高校が作成する内申書)

「志望理由書」作成

「面接」対策(大学によっては、専門分野の口述諮問やプレゼンテーションを課すこともあります。)

「小論文」対策

場合によっては、担任や学校長の推薦状活動報告書資格取得証明書などを添付しなければなりません。

 

これらの総合評価によって、合否は決するのです。

 

本日はまず、出願する際に必ず提出をしなければならない、推薦入試の入口となる「調査書」についてお話しします。

調査書とは所属する学校が発行する内申書のことで、所属する高校によって書式は変わりますが、内容は変わりません。

 

○氏名

○生年月日

○住所

○電話番号

○入学年月・卒業見込み年月

○各教科の評定

○評定平均値と評定段階(後述)

○欠席・遅刻・早退回数

○担任所見

 

以下、活動していれば記入される項目

○係・委員会・生徒会

○部活動

○資格や受賞歴

○ボランティア活動

○海外語学研修など

 

経験上、大学側が重要視するのが評定平均値と評定段階、欠席・遅刻・早退回数です。

 

評定平均値とは

評定平均値ってなに??

 

評定平均値とは、1年から3年1学期までに履修した全教科5段階評価の平均値で、

 

評定平均値5.0〜4.3→A段階

評定平均値4.2〜3.5→B段階

評定平均値3.4〜2.7→C段階

評定平均値2.6〜1.9→D段階

評定平均値1.8以下→E段階

 

というように評定の平均値に応じて、A〜E段階に振り分けられます。

評定平均は出欠席同様、受験生の常日頃の努力と学習意欲、伸びしろを測る上で大学側も非常に重視します。

 

推薦入試の出願基準として、評定平均値に一定の条件を設けている大学もありますので、志望している大学の出願基準は早めに調べておくと良いでしょう。

また、推薦入試で合格を勝ち得るには、少なくともB段階にまで評定平均値を高める必要があります。

常々生徒に言っているのは、

 

○3.5あれば出願可だが、合格の可能性は少ない

○3.8あれば、戦うことは可能

○4.0あれば、十二分に戦える

○4.3あれば、かなり面白い(=合格する可能性が大いにある)

 

むろん、所属している高校の偏差値レベルが低ければ、たとえ4.0を獲得していても大学側の評価は下がります。

また、志願する大学のレベルによっては、例えばGMARCHレベル以上の大学では4.0以上の生徒が多く受験してくるでしょうから、要するに評定は上げられるだけ上げておくことが大切です。

 

そこで、結論ですが、3年4月、始業式後すぐに着手していただきたいことを申し上げます。

 

志願する大学が評定平均値を推薦入試の出願基準として盛り込んでいないか、ホームページや応募要項で調べる。

→分からなければ(各高校の進路指導室にあると思いますが)、前年度の応募要項や、エイビ進学ナビ編集部が出版している「全国大学・短期大学推薦入学年鑑」「全国大学・短期大学AO入試年鑑」、または旺文社が出版している「蛍雪時代 全国大学 AO入試・推薦入試年鑑」で調べてください。

 

(例えば、評定平均値を4.3に高めるという目標を立てた場合、)3年生の1学期にあとどれくらいの評定を取らなければいけないかを計算する。

→推薦入試に必要な調査書には、3年生の1学期までの評定平均値が印字されますので、4月になりましたら担任の先生に計算してもらうことをお勧めします。

 

評定平均の目標値クリアに向けて、1学期は学校の勉強を疎かにせず、全力で取り組む。

→こうすることで、3年1学期という重要な時期に、目的意識を持った、積極的な学習が行えるので、学力が蓄えられるだけではなく、学習に対する集中力も培われ、一般入試に向けた準備ともなります。

 

スポンサーリンク

最後に

AO入試や推薦入試を受験することを決めた途端、中には受験勉強の手を緩める生徒がいますが、あくまで最後は一般入試を受験することが大前提です。

3年の1学期までは、評定平均値を高めるためにも、学力・集中力を培うためにも、学校の勉強は疎かにしないようにしましょう!

 

次回も引き続き、推薦入試合格に必要な準備、調査書の内容を充実させるためのテクニックをお教えします!

乞うご期待!

 

次の記事を読む

前の記事を読む

関連記事

 

みなさまのリアクションが支えとなります!

毎回テーマに分けて、簡潔に述べていきたいと思いますので、もし気に入った記事がありましたら、SNSでのシェア、ブックマーク、コメントをよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました