【感動秘話】三国志と箱根駅伝に見る社会性と思いやりの心を持つ重要性

アイキャッチ画像 コラム
スポンサーリンク

人を動かす力①「社会のために」の意識を持て!

三度の飯より『三国志』(演義)が好きだ。

と言えば大袈裟おおげさだが、三国志に触れない日はない。

 

大学では中国文学を専攻していたが、きっかけは三国志だった。

 

私は、やはり劉備りゅうびに心かれる。

挿入画像

劉備は、今から1800年以上前の人。

 

前漢の第9代皇帝景帝けいていの子、中山靖王ちゅうざんせいおう劉勝りゅうしょう末裔まつえいでありながら、父を早くに亡くしてむしろを売って糊口ここうしのいでいた。

 

15歳の頃に都洛陽らくようで学問を修め、故郷の涿たく県(現在の河北省)に戻る最中、劉備は当時各地に跋扈ばっこしていた黄巾賊こうきんぞく拉致らちされる。

 

しかし、後に義弟となる張飛ちょうひに命を救われ、そのお礼にと、劉備は劉家に伝わる名刀を「母を養うだけの身分の私には分不相応ぶんふそうおう」と言って張飛に与えてしまった。

 

劉備は母のために買った小さな茶壺を携え、母の喜ぶ顔見たさに涿に急ぐ。

 

だが、母は劉備から道中の出来事を聞くと、茶壺を川に放り投げ、劉備に向かってこう叱責しっせきした。

 

「貧しい身分に落ちぶれる間に、あなたは自分の本分を忘れてしまったのですか?

 

あなたは漢の中山靖王劉勝の末裔、いずれはこの国のために立ち上がる人物にならなければならないのに、その誇りと使命を忘れて、劉家の刀を譲ってしまうとは何事ですか?

 

私は我が子の育て方を間違えました。」

 

ここには、国の大事をおもんぱかることを忘れて、生活のために利己的な考えに終始している我が子を戒める気持ちが描かれている。

私たちがおちいってしまいがちな姿勢だ。

 

吉川英治『三国志(一)桃園とうえんの巻』

 

「わたしは、そんな教育を、お前にした覚えはない。揺籃ゆりかごに入れて、子守唄をうとうて聞かせた頃から――また、この母が膝にいだいて眠らせた頃から――おまえの耳へ母はご先祖のお心を血の中へおしえこんだつもりです。――時の来ぬうちはぜひもないが、時節が来たら、世のために、また、漢の正統を再興するために、剣をとって、草蘆そうろからたねばならぬぞと」

「……はい」

阿備あび(=劉備のこと。名前の前に「阿」をつけることで親愛の情を示す)。――その剣を人手に渡して、そなたは、生涯、むしろを織っている気か。剣よりも茶を大事にお思いか。……そんな性根しょうねの子が求めてきた茶などを、よろこんで飲む母とお思いか。……わたしは腹が立つ。わたしはそれが悲しい」

と、母は慟哭どうこくしながら、劉備のえりをつかまえて、嬰児あかごらすように折檻せっかんした。

(中略)

「ご打擲ちょうちゃく(=打ち据えること。)をうけて、幼少のご訓言くんげんが、骨身ほねみからよびおこされて参りました。――大事な剣を失いましたことは、ご先祖へも、申しわけありませんが……ご安心下さいお母さん……玄徳げんとく(=劉備のあざな。名前とは別の呼び名。)の魂はまだ此身ここにございます。(中略)なんで(志を)忘れましょう。わたくしが忘れても景帝の玄孫げんそんであるこの血液が忘れるわけはありません。(中略)今のご打擲は、わたくしにとって、真の勇気をふるいたたせる神軍しんぐんつづみでございました。仏陀ぶっだつえでございました。――もしきょうのお怒りを見せて下さらなければ、玄徳は何を胸に考えていても、おっさんが世にあるうちはと、卑怯ひきょう土民どみんをよそおっていたかも知れません。いいえそのうちについ年月をすごして、ほんとの土民になってちてしまったかもしれません。(中略)もう私も、はらがきまりました。――でなくても、今度の旅で、諸州の乱れやら、黄匪こうひ(=黄巾賊)の惨害さんがいやら、地上の民の苦しみを、眼の痛むほど見てきたのです。おっさん、玄徳が今の世に生れ出たのは、天上の諸帝から、何か使命をうけて世に出たような気がされます」

彼が、真実の心を吐くと彼の母は、天地に黙祷もくとうをささげて、いつまでも、両のかいなの中にひたいをうめていた。

 

 

 三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

 

何度読んでも胸が詰まる場面だ。

 

後に劉備は、曹操そうそうに幽閉されている漢の献帝けんていの密命を受けて、漢の復興に奔走ほんそうすることになる。

 

まだ拠点となる地を持たなかった頃、間借まがりしていた州の州牧しゅうぼく(=県知事のような身分)から領土を譲ると言われることも度々あったが、義にもとる(=人が踏み行うべき正しい道に背く)と言って断ること二度。

 

曹操の大軍に攻められながら、民を見捨てられないと言って民と逃避行とうひこうを共にし、進軍が遅くなったせいで妻を失うこともあった。

 

臣下はこの仁義の君主にいつもヤキモキするのだが、でもだからこそ、義兄弟の関羽や張飛、軍師の諸葛孔明はこの男のために生涯を懸けて尽くすのである。

 

民のために、そして国家のために奔走する劉備の物語は我々の心を強く打つ。

 

いつの時代も「徳」が人を動かすのだ。

自分を犠牲にして、社会のために尽くす人間が歴史を動かすのだ。

 

何かの夢を持とうが、何らかの事業を起こそうが、この「他者を動かす力」の原則を念頭に置いて、様々な計画の立案に取り組むことが「偉大なる成功」への要件なのだ。

 

スポンサーリンク

人を動かす力②「思いやり」の心を持て!

私が陸上部に在籍していた頃、夏合宿の時に、同じく長野県の車山くるまやまで強化練習をしていた山梨学院大学陸上競技部の監督上田誠仁まさひと先生からお話をいただいたことがある。

 

黒田という選手がいて、それが最後の箱根駅伝だった。

 

区間賞を狙える快走をしていたが、タスキ渡しの際に、黒田は綺麗にタスキを伸ばし、次の走者が受け取りやすいように、そして肩に掛けやすいように調節までして駆け込んで来た。

 

箱根駅伝は、どの区間も平均して20Km前後の道のりを走らなければならない。

 

それは、ハーフマラソンを走るのに等しい。

 

従って、大抵タスキ渡しの際にはくちゃくちゃになったタスキを片手で次の走者に渡し、倒れ込むというのが風物詩ふうぶつしなのだが、この黒田は違っていた。

 

笑顔で、次の走者にエールを送りながら、受け取りやすい状態でタスキをつないだのである。

 

挿入画像

 

この後、マネージャーが上田監督に話しかけた。

 

「黒田くんは、あんなに丁寧にタスキ渡しをしなかったら区間賞でしたね!」

 

黒田は1秒差で区間賞を逃していた。

 

自分の栄光よりも、相手の利益の方を優先したのである。

 

区間賞を取った選手の名前を、誰も覚えてはいない。

 

しかし、黒田のことは多くの人の記憶に焼き付けられることになった。

 

私が生徒にしているように、この美談はこれからも多くの人に語り継がれていくだろう。

 

大変な世の中がやってくる。

 

なりふり構ってはいられない、背に腹は変えられないと思うことがあるだろう。

 

でも、私たちは自分に言い聞かせよう。

 

どんなアクションを起こすにせよ、人の心を打つのは、人の心に残り続けるのは常に思いやりなのだと。

 

「自分だけは」の精神では、東日本大震災の時と同じように、この未曾有みぞうの国難は乗り越えられない。

 

社会性思いやりの意識をもって、一致団結でコロナ禍に立ち向かい、来年は笑ってオリンピックイヤーを迎えましょう。

 

挿入画像

 

次の記事を読む

前の記事を読む

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました